ブログ

どうして神経を抜いたはずの歯が痛むの?

こんにちは、笑顔生活コンサルタントのモトシです。

虫歯が深くまで進んでしまった歯は神経を抜かないといけません。

Per

そして、神経を抜いて一度はしっかり治したはずなのに、何年も後になって、

またその歯に新しい虫歯が出来る事があります。

でも、その歯は神経が無いので痛みは感じないはずですよね。

実際、そうなんです。その歯に虫歯が進行しても痛みは感じないんです。

でも、どうでしょうか。すごく歯がズキズキ痛んで歯医者に行ったら、

虫歯になっているのは神経の無い歯だったなんて事は経験無いでしょうか。

それは正確に言うなら歯の根の先端の骨の中に膿が溜まって痛みが出ているんです。

逆に言うと、神経を抜いた歯は虫歯の菌が歯の中から、

骨の中に出て行くまで、痛みを感じないという事ですね。

因みにここまで進むと治療に少し期間が必要になります。

まず、痛みを取る為には膿が出て行くように出口を作ってあげなければなりません。

膿が出きった後には歯の中にお薬を入れて、

再びしっかりと神経の管を埋めてしまえるようになった事が確認出来るまで、進める事が出来ません。

それでも良くならない場合には、外科的に膿の袋を取り出しさないといけない場合もあります。

最悪の場合には歯が残せない事もあります。

歯の神経って大事ですね。出来るだけ神経を抜かなくて良いように、虫歯は早く治しましょうね。

そして、どうしても神経を抜かなければならなかった歯は、ちゃんと定期的に検診を受けて、

大切な歯を守るようにしましょうね。

あなたが笑顔で過ごせる事を願っています。

 

和泉市唐国町3-11-3 どい歯科医院

土井基司

Share Button
キッズスペース完備

大阪府和泉市唐国町3-11-3

電話番号 0725-53-0567

診療メニュー

  • セレック
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • 親知らず
  • 顎関節症
  • キッズスペース完備

医院情報

  • 店舗
  • 詳しくはコチラ
  • お客様の声
  • どい先生コラム

コンテンツ

  • 初めての方へ
  • 医院紹介・アクセス
  • スタッフ紹介
  • 診療メニュー
  • 患者様の声
  • よくある質問
  • 新着情報
  • お問合せ
どい歯科医院|和泉中央の笑顔あふれる生活を届ける歯医者