ブログ

歯の神経を抜くってよく聞くけど…

こんにちは、笑顔生活コンサルタントのモトシです。

歯医者さんで「歯の神経を抜く必要がある」と言われた経験はありますか?

今回は、この歯の神経について少しお話してみましょう。

SM菌1

虫歯が深くなると、歯の神経が感染する事になります。

感染した神経は元には戻らないので、取り除く必要があります。

「神経を抜く」とは言いますが、あんまりスポッという感じでは無いです。

どちらかと言うとガリガリ削り取る感じでしょうか。

では、神経はどんな事をしているのかと言うと、

まず、「神経」と表現しますが、実は神経以外にも血管やコラーゲン繊維が集まっています。

これを医学的には「歯髄」と表現します。

そうなんです、血管が走ってるんです。ちゃんと動脈と静脈があって、歯の中に血液が流れてるんです。

ちょっと意外じゃないですか?なんとなく爪や髪みたいに血が通っていないイメージ無いでしょうか。

じゃあ、何のために血液が流れているのかと言うと、歯に栄養を与えて弾力を保たせているんです。

歯は単に硬いだけの組織ではなく、本来適度な弾力も備えているのです。だから強いんですね。

神経を抜くと、この弾力が無くなってしまいます。歯が割れやすくなると言う事です。

つまり、神経を抜くというのはけっこう深刻な事なのだと思ってください。そんな軽い事では無いんですよ。

ただし、感染したり刺激を受け続けている神経を無理に残しても、結局はその神経は死んでしまいます。

死んでしまった神経を残しておくのは害でしかないので、その時は神経を抜かないといけません。

神経を抜かないといけないとこまで虫歯を進行させない事が大切です。

それに神経は自分である程度虫歯から逃げる機能もあるんですよ。

歯の神経は、その歯の表面に「あ、虫歯が出来てきてるな」と感じたら、自分でその部分の壁を厚くして、

虫歯から遠ざかろうとするんです。ホント良く出来てますよね。

この機能のおかげで、本来の位置であれば虫歯が神経に達するところまで進んでいても、

壁を厚くして虫歯から遠ざかった分、ギリギリ神経を残せる場合は多くあります。

それでも、逃げるのにも限度があるので、いつかは虫歯に追いつかれてしまいます。

それまでに虫歯を発見して、治療するようにしましょうね。

あなたが笑顔で過ごせる事を願っています。

 

和泉市唐国町3-11-3 どい歯科医院

土井基司

Share Button
キッズスペース完備

大阪府和泉市唐国町3-11-3

電話番号 0725-53-0567

診療メニュー

  • セレック
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • 親知らず
  • 顎関節症
  • キッズスペース完備

医院情報

  • 店舗
  • 詳しくはコチラ
  • お客様の声
  • どい先生コラム

コンテンツ

  • 初めての方へ
  • 医院紹介・アクセス
  • スタッフ紹介
  • 診療メニュー
  • 患者様の声
  • よくある質問
  • 新着情報
  • お問合せ
どい歯科医院|和泉中央の笑顔あふれる生活を届ける歯医者