ブログ

何故、親知らずを抜く時大きな病院に行かないといけないの?

こんにちは、笑顔生活コンサルタントの基司です。

今日も早速前回の続きを。

31166b44896b725d14b63eaba39a5011_s

今日は「何故親知らずを抜くのに大きな病院へ行かないといけないのか」ですね。

正確には大きな病院じゃなくても良いんですが、口腔外科ですね。

口腔外科は大きな病院によくあるのでそこを紹介する場合が多いです。

で、多くの人の親知らずが生えるスペースが無くて、

中途半端に埋まってる状態になっているのは前回お話しましたね。

わざわざ口腔外科に行かないといけないのも、やっぱりこれが原因なんです。

歯は根っこが硬い骨の中に埋まっています。

それで大きな大きな咬む力に耐える事が出来るようになっています。

歯を抜くときは骨の形に逆らわない方向に力をかけないと抜けないのですが、

斜めに生えている親知らずの抜ける方向には一つ前の歯があります。

それが邪魔になりますので普通には力をかけても抜けないです。

ですので、それを抜く時には歯茎を切ったり歯を割ったりしなければなりません。

さらに、親知らずの近くには太い血管や神経がありますので、

それも傷つけないように注意しなければなりません。

もう一つ、抜いた後は必ず腫れます。感染のリスクもあります。

ちゃんと抜いた後の管理が出来る必要があるんですね。

以上の理由で普通の歯科医院では難しいと言われるんですね。

色々怖い話をしましたが、口腔外科では色んな医院から紹介されて、

毎日のように親知らずを抜いています。

もし親知らずが生えてきたとしても、安心して抜きに行って下さい。

ちなみに僕も口腔外科で勤めていましたので、

どい歯科医院では普通に斜めに生えている親知らずでも抜かさせて頂きます。

それでは、今日もあなたが笑顔で過ごせる事を願っています。

 

和泉市唐国町3-11-3 どい歯科医院

土井基司

Share Button
キッズスペース完備

大阪府和泉市唐国町3-11-3

電話番号 0725-53-0567

診療メニュー

  • セレック
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • 親知らず
  • 顎関節症
  • キッズスペース完備

医院情報

  • 店舗
  • 詳しくはコチラ
  • お客様の声
  • どい先生コラム

コンテンツ

  • 初めての方へ
  • 医院紹介・アクセス
  • スタッフ紹介
  • 診療メニュー
  • 患者様の声
  • よくある質問
  • 新着情報
  • お問合せ
どい歯科医院|和泉中央の笑顔あふれる生活を届ける歯医者